インボイス制度

2022年10月31日
あの、インボイス制度ですけど、消費税は物品・サービスの対価に課税する税金だとすると、これ必須の制度です。消費税は、万人に公平に課されるものであると本当に考えるなら、消費税がある限り、必須の制度です。

売上がいくらでも、事業者の全ての取引に課税しないと公平性は担保されません。
二重取りになるから、インボイス制度を適用して、その分、仕入税額控除しましょって話。

そもそも論として、日本は正当な価格転嫁ができません。
異常なまでに企業努力を求める風土が、賃金アップを阻害するひとつの要因になっています。

こんな状態で、消費税を導入するもんで、問題が噴出する。
正当な価格転嫁ができない国で消費税なんてやるもんじゃない。

消費者から預かった消費税を益税としてポケットに入れる経営者は失格だ、なんて吹聴する前に異常なまでに企業努力を求める風土をなんとかしないと、「勉強しました」なんて言っていると自分が潰れる。

社会保障を人質として消費税は○○%にアップします、なんて正気の沙汰ではありません。

手当するとすれば、

  • 消費税減税

だけど、
どうなんでしょうね…
(あきらめちゃダメだけど、脱力感半端ない。)

2021年10月01日
登録申請手続きをしました。

もちろん、e-Taxによる登録申請です。

「申請手続」をクリックすると国税庁のホームページに移動します。
緑のボタン「e-Taxソフト(Web版)へ」をクリックすればOK。

手続きはとても簡単。指示されるまま操作すれば登録完了です。

後日(2週間後くらい?)に、登録番号を頂ける予定です。

【公表申出書について】
私は個人事業主なので、公表申出書を作成しませんでした。

屋号だけならいいのですが、所在地が自宅住所です。
ネットで自宅住所が特定されていいことなんてないですから…

なんで、登録したの?

「インボイス制度導入で、フリーランスは窮地に追い込まれる」とか、「消費者様から預かった消費税で、益税を懐に入れるなんて、経営者として失格」だとか、話題は尽きません。

私としては、事業規模はちっこいし、事業所得もたかがしれているし、定年退職後の生き甲斐の一つとして取り組んでいることなので、手元に残るお金があるだけでいいんですよね。

どっちみち、消費税は、日々の記帳さえ怠らなければ、アプリが自動計算してくれます。なので、それほど事務処理が負担になることはありません。

あれこれ考えているのが面倒くさいので、「消費税を納税する必要があるなら、勝手に持っていってちょ」が正直な感想です。でも、勝手にとはいかず、申告しないといけないんですけどね。

そんなら、さっさと登録して気持ち的に楽になったほうが得策です。

登録完了です!

2021年11月09日
今日付けで登録完了です。

早速、「適格請求書発行事業者公表サイト」で、
自分の登録番号を検索してみました。

公開情報は下記の通り。

  • 登録番号
  • 氏名又は名称
  • 登録年月日
    令和5年10月1日
  • 最終更新日
    令和3年10月29日


これで一安心です。
ありがとうございました。

納税
シェアする
颯ラボ (Hayate-lab)
タイトルとURLをコピーしました