Python

Anaconda

日本語化

Google Nato Fontsを使います。

Windows11

「jp」で検索。
Noto Serif Japanese、Noto Sans Japaneseをダウンロードし、解凍します。

インストールフォントをクリックして、右クリック。
その他のオプションを表示/インストールを選択。

ホームディレクトリ(C:\ユーザー\(ユーザー名))に、フォルダ .matplotlibを作成します。
【注意】フォルダ名入力時には、.matplotlib. と入力する。

matplotlibrcの原本は
「anaconda3\Lib\site-packages\matplotlib\mpl-data」にある。
【注意】フォルダProgramDataは、隠しになっていると思われるので、解除しておく。

matplotlibrcをフォルダ .matplotlibにコピーする。

【matplotlibrc】

font.serif:Noto Serif JP
font.sans-serif:Noto Sans JP

Linux

$ cd
$ mkdir downloads
$ cd downloads
$ wget https://noto-website.storage.googleapis.com/pkgs/Noto-unhinted.zip
$ unzip Noto-unhinted.zip
$ sudo mkdir -p /usr/share/fonts/opentype/noto
$ sudo cp *.otf *.ttf /usr/share/fonts/opentype/noto
$ sudo chmod 644 /usr/share/fonts/opentype/noto/*.ttf
$ sudo chmod 644 /usr/share/fonts/opentype/noto/*.otf
$ fc-cache -f -v

$ cd
$ mkdir -p .config/matplotlib
$ cd .config/matplotlib
$ cp ../../anaconda3/lib/python3.9/site-packages/matplotlib/mpl-data/matplotlibrc ./

【matplotlibrc】

font.serif:Noto Serif CJK JP
font.sans-serif:Noto Sans CJK JP

cacheファイルがあれば削除。
Linuxの場合、フォルダ .cacheにある。

テスト

import matplotlib.pyplot as plt
plt.title('今日はいい天気!')
plt.show()

ライブラリ

Excelと連携

マニュアル類
xlwings – Make Excel Fly!  英語(HPPDF) 日本語(HPPDF)

インストール

Anaconda Promptを開く

> conda install xlwings
> xlwings addin install

Excelを開く

xlwingsがあれば成功!

クリックすると,

チャート

数値計算

データベース接続

ADO(ActiveX Data Objects)

import win32com.client

cn = win32com.client.Dispatch('ADODB.Connection')
cn.Open( "Provider=Microsoft.Jet.OLEDB.4.0;Data Source=aaa.mdb" )

---

cn.Close()

VScode

ホームディレクトリにPython仮想環境をつくる

【Windows11】

> mkdir python
> cd python
> conda create -n python
> activate python
> conda info -e

【Linux】

$ mkdir python
$ cd python
$ conda create -n python
$ source activate python
$ conda info -e

アクティブにした環境をVScodeに登録する

ファイル/ユーザ設定/設定

「Python:Default Interpreter Path」に登録

タイトルとURLをコピーしました