パソコンを新調しました

なんで新調したの?

今までは、2015年1月に自作したパソコンを使用していました。CPUはインテルCore i5 5600で、ソケット形状はLGA1150。メモリはDDR3 SDRAM 8GBです。普通に使っていてもメモリは4GB使うので、残り4GBですね。

最近、仮想化環境Hyper-Vを使うことがあるのですが、残り4GBで勝負しようとすると遅いし、メモリ不足に悩まされることがあります。じゃ、増設すればいいじゃん、ってことになるのですが、DDR3は前世代の規格なので、今更お金払って増設するのもなぁ~って感じで悩んでいました。

そうはいっても、このご時世。現金は手元に置いておきたいもの。今後どうなるかわからないのにPCに投資?何考えてんだよと何か飛んできそうです。

でも、もういいのです。自粛生活で最近独り言が多いのは自分でもわかっているのです。いい気分転換です。精神病まずに済みます。

PC新調決定!!

どんな構成で組んだの?

  • CPU AMD Ryzen 5 3600
  • マザーボード MSI B450 GAMING PLUS MAX
  • メモリ DDR4 3200 16GB x 2枚
  • グラフィックボード NVIDIA GeForce GTX 1650 4GB
  • SSD M.2 PCIe3.0 NVMe1.3 256GB

組み方は、Youtubeに丁寧な解説付動画がたくさん公開されていますので省略します。

早速、スイッチオン!
快適ですね。上位のCPUはたくさんありますが、とりあえず、仕事、ちょこっとゲームをするくらいなら、AMD Ryzen 5 3600は最適なCPUではないでしょうか。

KnowHow的なこと

グラフィック機能

AMDは末尾G付きのCPUを買えばグラフィック機能付きですが、そうではないCPUはグラフィック機能がありません。なので、性能がそこそこで比較的安価な玄人志向のNVIDIA GeForce GTX 1650を購入しました。

電源の選定

よく指摘されることですが、電源の選定は重要ですね~。
ケチって既存の430Wの電源を流用したのですが、勝手に再起動する現象が頻発しました。Youtubeの紹介動画で、750Wの電源を使った事例がありましたが、850Wでも価格はあまり変わらなかったので、Corsair RM850xを追加購入しました。

ネット上で、適切な電源容量は構成部品の消費電力の2倍が目安とした記事があり、実際に計算してみたところ、やっぱり430Wは容量不足でした。

廃棄

使わなくなった部品(CPU、メモリ、マザーボード、電源)の廃棄が問題になります。不燃ごみで良いようですが、小型家電リサイクルの仕組みを使うと貴金属の回収が円滑にできそうです。

区役所に小型家電回収ボックスが設置してあるのは知っているのですが、いつもいっぱいなんですよね。ネットでイオンの電気製品売り場にあることを発見。コロナの影響でどこも閉店なので営業しているか心配でしたが、運よく開店していました。裸の状態でコットンと投入口に入れるだけでOKなんで簡単です。

BIOS

仮想化

CPUの仮想化技術が使えるようにします。

Overclocking/CPU Features/SVM Mode [Enabled]

スリープ解除

マウスクリックでスリープを解除できるようにします。

Settings/Advanced/Wake Up Event Setup/Resume By USB Device [Enabled]

TPM2.0

Windows11 システム要件
Settings/Security/Trusted Computing/Security Device Support[Enabled]
Settings/Security/Trusted Computing/AMD fTPM switch[AMD CPU fTPM]

TPM: Trusted Platform Module

タイトルとURLをコピーしました