Hyper-V

Windowsの機能の有効化

「画面左下のWindowsアイコン右クリック」

Hyper-Vにチェックを入れる。

仮想化の入れ子

Windows11Proを入れ子にしたい場合は下記の通り。

Windows PowerShell(管理者権限)

> Set-VMProcessor -VMName "Windows11Pro" -ExposeVirtualizationExtensions $true
> Get-VMNetworkAdapter -VMName "Windows11Pro" | Set-VMNetworkAdapter -MacAddressSpoofing On

確認

> Get-VMProcessor -VMName * |ft VMName,ExposeVirtualizationExtensions

【ゲスト側(入れ子側)】

Windows 11

Ubuntu

Windows 11 のHyper-V上にUbuntu仮想環境を作ります。
クライアントの接続ソフトはWindows 11標準リモートデスクトップ接続を使います。
xrdpをインストールしてRDP接続します。

$ sudo apt update
$ sudo apt upgrade
$ sudo apt -y install ubuntu-desktop
$ sudo apt -y install xrdp
$ sudo reboot

【カラーマネジメントされたデバイスを作成するには認証が必要です】
「/etc/polkit-1/localauthority.conf.d/02-allow-colord.conf」があれば削除。
ファイル「/etc/polkit-1/localauthority/50-local.d/45-allow-colord.pkla」を作成。

[Allow Colord all Users]
Identity=unix-user:*
Action=org.freedesktop.color-manager.create-device;org.freedesktop.color-manager.create-profile;org.freedesktop.color-manager.delete-device;org.freedesktop.color-manager.delete-profile;org.freedesktop.color-manager.modify-device;org.freedesktop.color-manager.modify-profile
ResultAny=no
ResultInactive=no
ResultActive=yes
Ubuntu
Xubuntu

【注意点】
リモートデスクトップ接続だと、Xubuntuのシャットダウンができない。
現状、ログアウトして、Hyper-V マネージャーでシャットダウン。

Mac風のデスクトップ環境を作ります。

タイトルとURLをコピーしました